アリス殺し(小林泰三)感想

当ページのリンクには広告が含まれています。

取っ付きやすさ:
トリック:
ストーリー:

書籍情報

タイトルアリス殺し
著者小林 泰三
出版社東京創元社
発売日2019年04月24日頃
商品説明最近、不思議の国に迷い込んだアリスという少女の夢ばかり見る栗栖川亜理。ハンプティ・ダンプティが墜落死する夢を見たある日、亜理の通う大学では玉子という綽名の研究員が屋上から転落して死亡していたーその後も夢と現実は互いを映し合うように、怪死事件が相次ぐ。そして事件を捜査する三月兎と帽子屋は、最重要容疑者にアリスを名指し…邪悪な夢想と驚愕のトリック!
画像

※書籍情報は楽天ブックス書籍検索APIを利用して表示しています。

著者の〈メルヘン殺し〉シリーズの1作目。

不思議な国のアリスがモチーフとなっている。

そんな訳で登場するキャラクタも馴染みあるキャラクタ。設定が特徴的な作品だけど、ミステリとしてもちゃんと面白い。

ただ、会話シーンを受け付けない方は一定数いそう。。

ラノベでテキストの会話に慣れている人ならそんなに違和感なかったりするのだろうか?

目次